スマホ電子漫画のデメリット

携帯できて簡単に漫画が読めるスマホ電子漫画に、デメリットといえる部分はあるのでしょうか?

スマホ漫画のデメリットは?

色々と便利な面を持つスマホの電子漫画ですが、もちろん良い面ばかりということはないと思います。 スマホで読めるという点は、持ち運びやすい、場所を選ばずに読めるという利点があります。 ですが一方で、小さな画面で漫画を読むので、多少読みづらいと感じてしまう人もいるというデメリットも存在します。

スマホで読む電子漫画は、基本的に1ページごとに読み進めていくのではなく、コマで読み進めていく形になります。 コマによってはスマホなどの画面よりも大きくなる場合もありますから、最初は少し縮小されて表示されます。 その後、部分的に拡大される感じです。(進むと勝手に拡大されます。)

そうなると、どうしても見づらいと感じてしまう人も、少なからず出てきてしまうと思います。 それにコマずつ読み進めていくため、読む時間も普通の本を読むよりも、慣れるまではじかんが掛かってしまい、 読んでいくテンポもあまり快適には感じないかもしれません。

ただし、この画面の小ささやスマホ電子漫画特有の読み進め方は、慣れてしまえば、なにも気にならなくなるのも事実です。 最初はちょっと画面が小さいと感じていても、1話読み終わるころには、なにも気にならなくなると思いますし、 テンポの方も、どんな動きをするのか、体(目)が覚えてしまえば、なにも気にならなくなります。 無駄に小さい文字を読もうとしたりしなくなるからです。

なので、もし無料立ち読みなどをして、これらのことに不満を覚えても、実際にはすぐ慣れるものだと考えていて良いと思います。

それでも、多かれ少なかれデメリットと感じる部分が出てくるとは思いますが、 それを補って余りある魅力が電子漫画にはありますので、デメリットが致命的な支障を与えない限りは、 積極的にスマホの電子漫画を利用する価値は十二分にあると思います。

(C) めちゃスマホコミック

これからアルバイト探し